真の「大和撫子ブタ」を目指す子ブタの日記。 その日の出来事を絵に描いて載せています。どうぞゆっくりご覧になっていってください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

warosoku.jpg


「夜の静けさのなかで
わたしは千の人々の喝采より、愛する人からの一言・二言が欲しくなるわ」
byジュディ・ガーランド











母と飛騨古川まで二人旅








小さな街を流れる水路には

鯉がたくさん泳いでいて、生命の豊かさを感じさせてくれる素敵な街でした









割烹料理「克己」さんで美味しいランチをペロリ

お店のご主人が特別にサラダをサービス。

採れたてトマトをドレッシングにしたそのサラダは朝の香りがした










そしてNHKドラマ「さくら」の舞台にもなった
「三嶋和ろうそく店」へ







はぜの実から採れる木ろうで作られている和ろうそくは、

人間の骨を思わせるような白




全工程を手作業で行っている植物性のろうそくです










マッチで火をつけると

オレンジ色と赤色が不思議に溶け合った灯りが

ぼや~っと暗闇に浮かぶ






灯りがあるからこそ、そこに暗闇を感じる瞬間






普段のろうそくとは違って灯りが縦に長くなったり

左右にゆらゆら。












風もないのにゆらゆら揺らめく炎は

仏様が喜んでいるからだと、昔からいわれてきたらしい













鉄瓶を置くうさぎの瓶敷きを燭台にして

仏様も喜ぶその灯りを楽しんでいます














秋の夜長のちょっとした贅沢なお話



















2007.10.22 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) |

「キャンドル」とは少し違った贅沢さがあるね。

2007.10.26 12:11 URL | Kazuccine #7rSWCXJc [ 編集 ]

>kazuccine
そうなの。
石油系のキャンドルとはまた違った炎で
ススもあんまり出ないんだよ。

2007.10.26 13:46 URL | satsuki #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kobutabiyori.blog40.fc2.com/tb.php/150-0dc558b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。