真の「大和撫子ブタ」を目指す子ブタの日記。 その日の出来事を絵に描いて載せています。どうぞゆっくりご覧になっていってください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


horenso.jpg


「生きる、それはじぶんの運命を発見することである。」
 byアルサン・サラクルー










食べたいとおもうこと


おいしいとおもうこと



食事に満足すること











毎日の営みで繰り広げられる当たり前のことが

ほんとうはすごいことなんだって

気付かされる












イギリスに住むティアメイちゃんは、見た目はごく普通のかわいい小学生

でも、彼女は八歳になるまで一度も食べ物を口にしたことがない。










「サイエンスミステリー」という番組を観ました。



ティアメイちゃんのお母さんの願いはたった一つ。

「娘と食事を共にすること」





ティアメイちゃんは三ヶ月という超未熟児で、

食道と胃が繋がっていない状態のまま生まれてしまった。


手術で「食べられる身体」にはなったのだけれど、
食べるという行為を学習できなかったティアメイちゃんは食べようとしない。

ティアメイちゃんは、毎晩チューブで直接身体に流動物を取り入れています。






チューブを通して生きる八歳の少女の味覚は育たないまま。






ティアメイちゃんのお母さんはたとえ彼女が食べなくても、毎日彼女の食事を用意し、
テーブルマナーを教えている。



「食べて欲しい。

 食べられるときが来たときに恥ずかしい思いをさせたくない。」




そんなお母さんの気持ちと、
大好きなお母さんの気持ちに応えられず葛藤する八歳の少女。









当たり前のように生まれてきて

当たり前のように食べてきて


そこにあるのが幸せだと気付かないことがたくさんある。










10ヶ月という短い期間に
お母さんのお腹の中では何かほんとうにすごいことが起こってる。








幼いわたしが貧血の薬を飲めなかったとき

おばあちゃんは、愛情たっぷりのほうれん草料理で貧血を完治させてくれました。



おばあちゃんの愛情と

「食」を通して元気な身体を作るという考え。









それは

国境や時代を越えて、世の中のお母さんが子どもに望む最初の願い。

















ティアメイちゃんが素敵な食卓を囲める日が早く訪れますように。












2007.02.21 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) |

「食べる」というごく当たり前の行為が出来ない人もいる。
病気がもたらす苦しみって、それだけじゃないんだよね。
それにしても食事って大事なんです。
体だけじゃなくて、心も食事によって作られていると思う今日この頃。

2007.02.21 11:32 URL | Kazuccine #7rSWCXJc [ 編集 ]

Kazuccineの言うとおり!
食事の良し悪しって人の心も体も左右するよね~
それに、食べるものだけじゃなくて、いつどこで誰と食べるのかってことも大事!
一人暮らし6年目にして、孤食って体に良くないなぁって痛感してる私です。
やっぱりみんなで楽しく食べるごはんが一番やね♪

2007.02.22 00:41 URL | あすか #- [ 編集 ]

>kazuccine

心身ともにってやつだよね。
すっごいわかる。
私も未だに一人で食べるの苦手やもん・・・


>あすか
一人暮らしをすると孤食の辛さが身にしみるよね(涙)
また一人暮らしっぽいのでそれが辛いです。
旅行しよー。旅行!

2007.02.22 23:58 URL | さつき #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kobutabiyori.blog40.fc2.com/tb.php/139-3d9dff7d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。