真の「大和撫子ブタ」を目指す子ブタの日記。 その日の出来事を絵に描いて載せています。どうぞゆっくりご覧になっていってください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


kaiki.jpg


「人生は苦痛であり恐怖である。だから人間は不幸なのだ。
 だが今では人間は人生を愛している。それは苦痛と恐怖を愛するからだ」
 byドストエフスキー













気がつけば



薄暗い3階建て校舎に一人。


古い木の臭いと湿気を含んだ空気がねっとり纏わりついている。









ギシ

ギシ・・・







恐る恐る二階に下りると

バラバラに壊れた人形が廊下一面に転がっている。



足の踏み場もない。


重苦しい空気に耐えながら一階に続く階段を探す。














ようやく見つけた階段

降りると一階も真っ暗。


そこに青白い光がひとつ。



テレビがついている。

赤い旧式のテレビだ。

砂嵐。

小さくザーって鳴ってる。




その砂嵐を見つめる黒い影。
どうやら人の形をしているみたい。

顔は見えないのに怖い。

音を立てず後ろを通るのにいつも気付かれる。





逃げても

 逃げても

追いかけてくる。








捕まったらどうなってしまうのか。

何が起こるのか。

私は何に追いかけられているのか。




何もわからない。


でも後ろから追いかけてくる大きな恐怖から必死で逃げた。










あぁ、助かった。

人がいる!

渡り廊下の先には給食室。

中では給食のおばちゃんたちが準備をしている。




「助けて!」



いくら叫んでも、この声は届かない。

私の姿が見えないのかな。

視線すらあわない。






怯えきって大きな鍋の後ろにいくと夢からの出口がある。


そこに行くと夢から覚めるのだ。






夢から覚めたら汗びっしょり。

この感覚も気持ちが悪い。







…嫌だなぁ。














そんな夢を六日続けて見た。

そして七日目。






今日はキレイな新しい校舎にクラスメートと一緒にいた。

もう日も暮れたというのに3階の音楽室でわいわいお菓子を食べている。


「そろそろ帰らなくっちゃ」
「そうだね。」


なんて話をしていたら、

「出口が開かないぞ!」

って声がした。どうやら新しい校舎の玄関が開かないらしい。


そこで六日連続で見た夢を思い出す。



各階通路でつながっている古い校舎。

渡り廊下の先の給食室の鍋のうしろ。そこに出口がある。






壊れた人形も

砂嵐の古いテレビも


それをじっと見つめる黒い影も

みんなと一緒なら大丈夫。




「わたし、出口がどこにあるのか知ってるよ!こっち。」



みんなを引き連れて音楽室を出る。


ワイワイ

ガヤガヤ


話しながら連絡通路を渡って、古い校舎に足を踏み入れた。












その途端。

後ろにいたクラスメイト38人と新しい校舎がいっきに消えた。


そこにはどこまで続いているのかわからない深い深い闇があるだけ。










また私は古い校舎にひとりぼっち。

7回目のひとり。










やっぱり黒い影に気付かれて

給食室の大きな鍋を目指して走った。









だけど。





七日目の夢の出口はそこになかった。











肩に冷たい大きな手が届く。

がしっと強くつかまれた瞬間、目が覚めた。


やっぱり汗がびっしょり。

肩には黒くて暗い世界の感触が残ってる。






ふと見回すと、私の部屋じゃない。

どうしてこんなところに寝てるんだろう。

仏壇の部屋の隣まできてそこで倒れて寝ていた。











それ以来、寝る場所を仏壇の部屋に移すことにした。


幸い八日目の夢は見ずにすんでいる。

















中学生のころ体験したほんとうのお話。




























<両方クリック募集中>

クリック募金。
あなたの財布からではなく企業が募金してくれる仕組みです。





pig.jpg



ありがとうございました゚・*:.。. .。.:*・゜

2006.07.31 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) |

ふぉ~!!夏ホラーやねー。そんなことってあるんだね。こわやこわや

2006.08.01 21:09 URL | あつたん #- [ 編集 ]

>あつたんさん

そうなんですよ~。

寝る場所変えてなかったらとおもうとゾッとします。
もしかしたら、夢から覚めなかったかもしれませぬ。
誰かが七日目に引っ張っていってくれたんですね。きっと。

2006.08.01 22:43 URL | さつき #- [ 編集 ]

嫌だなあ・・・。
悪夢だね。
稲川淳二とかみたいな激しい怖さじゃないけど、
じわじわってくるリアリティがある。

2006.08.02 20:16 URL | Kazuccine #mQop/nM. [ 編集 ]

>kazuccine

悪夢です。

もう二度と見たくないなぁ。

なんか七日目の凝った演出はなんじゃろね。


2006.08.03 01:22 URL | さつき #- [ 編集 ]

その時さつきが連れ去られなくて良かった。ご先祖様が護ってくれたんやね。

2006.08.04 23:59 URL | あい #- [ 編集 ]

>あい

やっぱりそうかな~
連れ去られなくて本当によかった。
今でもはっきり覚えてるもん。

意識ないまま夜中に歩いたのは
後にも先にもその一回。

ご先祖様ありがとう゚・*:.。. .。.:*・゜

2006.08.08 23:23 URL | さつき #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kobutabiyori.blog40.fc2.com/tb.php/101-5983344d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。